未分類

うらやましい

あっという間に10月も終盤になってしまった。夏の終わりからこの時期にかけてはいつもあっという間だ。適度に仕事をして、疲れたからだをものすごくゆっくりと休めて、まあ、人から見たらうらやましいパターンで過ごしているのかも知れない。うらやましいといえば、僕もそうとうな羨ましがり屋だ。外に出れば、極端な話、ほとんどの人についてうらやましいなと思ってしまう。だからあんまり外に出たくないのかも知れない。

外を連れ合いと散歩している人。年齢に関わらずうらやましいと思う。僕にもそうした人と出会う機会はあったに違いないのに、今は一人だ。そこに子供が一緒だとなるとうらやましさがまた高まる。若い頃は人生に連れ合いは欲しかったけれど子供のことはそんなに考えなかった。ところが今ぐらいの歳になって自分に子供がいたとしたら、どんな人生だったろうかなどと思う。

今生活するのにも、この先生活していくのでも、お金が必要なだけある人、羨ましい。

うらやましいうらやましいうらやましい。若いころから鏡を見ながら、あるいは意識の中で、「この自分は本当に自分だろうか」と思うことがよくある。そして、ああ、やっぱりどうしようもなく自分は自分なんだと改めて認識する。これからもそんなことを繰り返して、生きていくのだろうかと思う。

パソコン、ガジェットに精通していてジャンク品でも再生してしまう、10万人以上のチャンネル登録者をもつ甘いマスクのコジコジくんから、若い人へ。

「死にたい・自殺したいと思ってる人へ」
コジコジのオタク文化 情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください